Scroll Down

Interview

自分の手で造り出す!
それがものづくりの面白さ

入社後、岡山R&Dセンター 研究開発Gに配属され、複雑な形状の金属加工方法についての研究に従事する。加えて、加工条件や同時5軸加工時の工作機械の動き方、被削材の機械への固定方法の最適化を行うことで、会社全体の生産性向上に貢献。
現在は、技術開発部 ロボティクスG主任として活躍。ロボットシステムインテグレーションの社内第一人者として生産ラインのロボット化・自動化を牽引する存在である。

2013年 入社

山本 隆将

技術開発部

大阪府立大学 理学部
物理科学科 卒業

人に教える力を身に付けることと、自社製品などの設計開発に携わっていくことが今後の目標です。

― 仕事のやりがい、面白さは?

設計といっても機械設計・電気設計・ソフトウェア設計など、システムを運用するには様々な設計があります。私の仕事はシステムに関わるそれらすべての設計を自分で行い、必要に応じて開発や制作も自分で行うことです。特に開発要素が高いほど自分自身の手で行うことは増えますが、試行錯誤の末にシステムがうまく動作するととても達成感を感じます。

失敗はしたときはしっかりと反省した後、お酒を飲んで気持ちを切り替えるようにしています。(笑)

― なぜ山本金属に入社しましたか?

初めて工場見学会に参加した際に、社員の雰囲気が良かったこと、さらに社長が非常にエネルギッシュでものづくりへの考え方に共感できたというのが一番の理由です。
社長の説明を聞いているうちに自分も山本金属で働きたい!と思うようになり、入社を志望しました。