Blogブログ

総務部員が現場で働いてみた

 こんにちは。総務部の永沼です。私自身、初めてBLOG記事を投稿します! 新入社員研修の内の一つとして、品質保証部・製造部・生産管理部での現場実習を行いましたので、その感想を体験レポートにまとめました。

 まずは私が現場実習を行うことになった理由をお話します!
 山本金属製作所は主に金属の精密加工事業と計測評価事業の二つの事業を行っています。売り上げにおいて8割を占めているのが精密加工事業です。その中でも得意としている分野が、金属材料から不要な部分を切削して製品を作る、切削になります。私は文系出身で、ものづくりに関する専門知識が全くと言っていいほどなかったので、金属の加工方法に様々な種類があることも知りませんでした。そのため、金属加工の基礎的な知識や実際の現場作業の理解を目的に実習を行いました。また、他部署の仕事に触れることで、自部署の仕事理解にもつながります。私は総務部に所属しており、様々な部署と連携することが重要ですので、各々の部署の理解を深めることもこの実習の目的でした。

 最初の3日間は、品質保証部での研修でした。内容は主に図面の読み取りと、測定具の使用方法の理解になります。工場を回った際に検査器具を見たことはありましたが、実際に触ったことはありませんでした。 まずは品質保証部のレポートを下記の通り3回に分けてお話します☆
1. 研修1日目 ~図面との闘い~
2. 研修2日目 ~マイクロメータと仲良くなるには~
3. 研修3日目 ~測定具の仲間たち~
お楽しみに☆彡